大牟田 スロット

大牟田 スロット

Bloggerの推奨事項:

  • ワンピースバカラ
  • 市川 ジャック
  • 不思議なダンジョン
  • 戦国電子
  • スロット 仙台
  • 「雛玉よ、大人にならず愛くるしい幼な子のままでいて下さい

    私は、あなたを失いたくないです」「ピ!」ちなみに、朝昼晩の三回宝石を吐くと知り、ネアは完全にこの星鳥に心を奪われた

    撫でてやればぽふぽふと弾んで喜ぶのが、また可愛らしい

    魔物が不在にしている今日だからこそ、許されたひと時の自由である

    「雛玉に名前をつけてしまいたいですね」名前をつけるということは、その生き物との縁を結ぶことだ

    魔術的には契約にあたり、魂を握る行為でもある

    あなたも好きかも:緑橋 パチンコ
    なので、本当は、こっそり名付けてしまって捨てられなくしてしまいたい

    けれど、それはやはり駄目だろう

    魔物の許容値がどこで限界になるのかわからないので、あまり無茶をするわけにもいかない

    (でも、もし飼ってもいいって言われたら、何て名前をつけようかしら……)艶消しの黒みがかった灰色の毛玉は、何か記憶の中にあるものによく似ている

    あなたも好きかも:スロット 京都駅
    そんなことを考えていたら、それが何なのか思い出せなくなって気分が悪くなってきた

    唸りながら記憶をひっくり返していると、親もどきが心配になったのか、雛玉はすりすりと体を寄せてきた

    「可愛いやつめ!撫でて差し上げます!!」謎の母性を発揮して撫で回してやっていたところ、やっと記憶の棚から一致する言葉が出てきた

    「そうです、お前に名前をつけるなら、……」そして、ネアは見事に自損事故を起こした

    ネアはその後、何食わぬ顔で昼食をいただくと、素早く出かける準備に取り掛かった

    さすがに昼食を抜くと訝しまれてしまうので、心穏やかではないままその任務を終え、外出中のディノを探しに行くことにしたのである

    あの後、うっかりな自損事故で名付けられてしまった雛玉は、喜びのあまり大量の宝石を吐いた

    蒼白になったネアは慌てて魔物に呼びかけたが、何故か応答もなく今に至る