ギルティクラウン スロット エピソード

ギルティクラウン スロット エピソード

 もういい

いつか帰れる日を夢見て頑張って来たが…もう、いい

 自分はここで死ぬ運命だったんだ

 少年の頬を、一筋の涙が伝う

 ざく…「………………?」 何か物音がして…少しだけ、目を開いた

あなたも好きかも:七つの大罪 スロット 天井
 そこには、誰かの足があった

「(物盗りか…?あいにくだが、おれは何も持っていない

残念…だった、な……)」「……冷たい

あなたも好きかも:パチンコ 小松 ジャラン
でもまだ、呼吸はしている…」 寒さで感覚など全て凍りついてしまったと思っていた少年は、顔に触れる温もりに驚いた

「よい、しょ…重い…

あなたも好きかも:パチンコライター ジマー k
どっせー…い」 そして、全身を何かに包まれた

だが少年の意識は、そこで途絶える

 ※※※「………ん…」 次に少年が目覚めたのは、立派な部屋の中

 家具は必要最低限しかない、生活感のあまりない部屋だった

 凍えていた全身は暖かい布団に包まれている

まだうまく動かせないが

 ここはどこだろう

もしや死後の世界というやつだろうか