イオン カジノ

イオン カジノ

「振り分けは終わったけど、あと、マジ依頼かどうかを区別する作業だなー」 竹谷たちに交代していたせいか、去年のようにまたいたずら依頼書が届くようになっていた

おかげで“余計な仕事”まで増えてしまっているのだ

彼らがどれだけ生徒たちに馬鹿にされていたのかがよくわかる――

「仕方ないな……

しばらくは付き合うか……」 反町はため息混じりに残っている依頼書を確認していく

「けど、平和なモンだよなー

届く依頼書って、片付けとか手伝いとかそういうのばーっか」 相川が椅子に背もたれてふんぞり返った

「張り合いねぇよなー」「依頼は依頼だろ

あなたも好きかも:スロット 設定
文句言うな」 隣の勝則が厳しく注意して睨み付けると、相川は椅子から背中を離して口を尖らせた

「誰も文句なんて言ってないだろっ」「じゃあ、グチるな」「グチってないだろっ」「じゃあ、口を開くな」 相川はムッと目を据わらせて、黙々と依頼書を振り分ける勝則を睨んだ

あなたも好きかも:ヤッターマン パチンコ 保留
「せやけどアレやな

ぼちぼち体育祭やで」 大介がいたずら依頼書をまとめながら切り出す

「六月入ったら、そっちの準備の依頼とかに追われそうやなー」「また疲れる依頼か……」 ガックシ、と洋一は頭を落とす

あなたも好きかも:カジプロ ルーレット パターン
「いいじゃない

いい運動になるわよ?」「どーせ運動するなら気持ちいいコトして運動したい!」 大声で訴えると生美にギロリと睨み付けられ、洋一は「す、すみません……」と肩を縮める

懲りない彼にみんなが呆れていると「コンコン」とドアがノックされ、「どうぞー」と華音が返事をした

「こんにちはー」 ヒョコ、と開いたドアから鈴菜が笑顔で顔を覗かせる

「いらっしゃい