アインズ・ウール・ゴウン スロット

アインズ・ウール・ゴウン スロット

それぞれが考え込み、何かを思い出そうとしている

「……あの」 鈴菜が小さく口を開いた

あなたも好きかも:パチンコ 手作り工作
「……関係ないかも、知れないですけど……」 ためらうように口を開く彼女に、「いいよ

言って」と反町が言葉を促した

「……あの時、私の友人が捕まって、閉じ込められてた時、優樹先輩を呼んで……

……先輩が、ドアを開けたんです

そのあとすぐ……引っ張られて

あなたも好きかも:タロットコイン 入手 カジノ
……もしかして、あの生物室の裏部屋のドアを開けたのも、優樹先輩なら……」 段々と声のトーンを落とし、不安げに俯く

そんな鈴菜を見ていた反町は少しどこかに視線を向け、一平が顔をしかめて首を傾げた

あなたも好きかも:真はなのけいじ パチンコ 漆黒 セグ
「いや……

優樹はあの生物室のドアを開けてヘンで

中も見てヘンし」「じゃあ、その前に倒れたってコト?」「そういうことになるやろ?」「……中も見てないのに、何にショックを受けたんだ?」「……それがわからへんねやん」「あの匂いじゃない? ほら、ホルマリン漬けの」「ああ、あの匂いは気分が悪くなるよねぇ……」「去年の事件との接点がないだろ」 口々に交わすみんなの話しを聞きながら、反町はテーブルに腕を置いて両手を組み、しばらくして小さく数回頷いた