スロットマグマ

スロットマグマ

そのアトの様子を見るアルセンの額には、シワが刻まれ、褐色の親友を見上げ、睨む

「グランドール!勝手に決めないで下さい!」先程から過保護にも感じられるグランドールの発言や行動に、正直、アルセンは苛立ちを抱えてもいた

「立ち上がっただけで立ち眩みを起こした奴が、何を言っておるんだ!」無茶を諌めるのが当たり前

あなたも好きかも:笹塚 スロット 2ch
そんな様子でグランドールにしては、アルセンにキツイ言葉で返した

あなたも好きかも:パチンコ 革命機ヴァルヴレイヴ 潜伏
「あれは偶然です!

大体寝ている間に魔力を勝手に分けたり、グランドールにしてもネェツアークにしても、立場は同じはずなのに、どうして私には甘いんですか?!」いつもなら心から感謝する事なのに、アルセンはグランドールに応酬する

あなたも好きかも:tmレボリューション パチンコ 125
「甘いか辛いとか知らんが、現にアルセンは体調が万全じゃないから、ワシは大事をとって休ませようとしているだけだ!

それにアトに身体の調子が悪い人にも、無理を言えば通ると考えさせてはいかんだろう!」「私は、そもそも散歩ぐらいはできるから、無理ではありません

それにアトさんにとっては"拘り"を先に解消させて上げた方が、今後の行動がスムーズに出来ます!

ロッツとの臨床データで、メイプルやサザンカ様の研究で確りと立証されてもいることです!」グランドールとアルセンの口による"攻防"は、ノックの音によって止められた

「グランドール様、粥の支度は幾らか時間がいるそうです

それと、領主様、アプリコット様が、少しご協力を願いたい事があるそうです

なので朝食後に、領主の部屋にいらして欲しいそうなんですが―――」シュトが敢えて空気を読まず、ドアを許可なく開き、発言をする

その報告を聞いて、互いに私情だらけの議論をグランドールとアルセンは止めた

「そうか判った

領主殿にはすぐ行くと伝えてくれシュト