倖田柚希 スロット

倖田柚希 スロット

廃旅館を他のプレイヤー達に向けて探索するのはその者達の為になるからな!」「私も構いませんわ

新しい発見が起こるかもしれませんし」 俺、ユメ、ソラヒメ、セイヤ

そしてラディン、ツバキ、エビネ

あなたも好きかも:スロット 前兆確認とは
全員が廃旅館に行く事には賛成の意見だった

 この世界は半分がゲームの世界なので何かがあるかもしれないという事

そして純粋な好奇心や景色を変えたい、他のプレイヤーの為など意見は様々だが、異論は出なかった

 同じ道を進み続けるのも結構精神的に来るので一先ず俺達は探索に向かうのだった

*****「近付くと雰囲気あるな……本当に廃墟みたいだ……」「少し不気味ですね……」 俺達はその旅館へと近付き、その全体像を確認する

 見た目は和風

屋根には雪が積もって白く染まっているが、瓦が欠けていたり壁が剥がれていたり窓が割れていたりと全体的にボロボロだった

あなたも好きかも:スロット 負け すぎ て やばい
 色んな意味で雰囲気があるな……

冬場じゃなくて夏場に来ていたら肝試しが捗りそうだ

 何はともあれ、入ると決めた手前、怖《お》じ気付く訳にはいかない

あなたも好きかも:立石 スロット
そして俺達はその旅館の中へと入った

 ──“雪原地帯・廃旅館”

ここもちゃんとステージの一つ……背景やオブジェクトとかじゃないみたいだな」「その様ですね

上に文字が……“廃”旅館とはっきり記されているという事は、もう二度と修復されない旅館という事でしょうか……」「私達も何となく廃旅館って呼んでいたけど、本当に廃墟になった設定の旅館だったんだね」「わざわざ“廃旅館”って表記されるという事は、それ系統のモンスターが出てくるという事かな」「ふむ、それ系統か……アンデッド系のモンスターが出てきそうだな」「アンデッドか

幽霊から妖怪に色々タイプはあるが、基本的に不死身だから厄介だな」「もしそうなるのなら巫女である私の活躍が期待出来そうですわね