スロット エウレカセブン ao

スロット エウレカセブン ao

邪魔しないように、それを少し離れた所から見守っていると、足元から「我々が、お三方を搬送するんですよー?」足元からマーシーの甲高い声がいきなりする

「ああ、忘れてたわ

 どんな方法で送るかは知らないけど くれぐれも安全に頼むな」「もっちろんでございますー

 この飛行体……いえ、タジマ様の言い方だと 空中マンションですね

 すでに我々の常駐スタッフが五体ほど 待機しているのですよー」「……つまり、人型兵器がどっかの部屋に 駐在してるってことだな?」マーシーはメタルウサギボディをピョンピョン跳ねて俺が察したことに喜ぶと「そういうことでございますねー

あなたも好きかも:スロット モグモグ風林火山 設定
 そのうち三体に、お三方をそれぞれ 下の都市まで連れていかせますー」「駐在場所は一階とかか?」「いえー二階でございますー

 いつでもタジマ様の危機察知できるように 待機させておりますよー」「あの……良かったら、美射も どうにかできない? 精神体の方なんだけど……」小声で頼んでみる

内的世界で聞いてないといいが……

「それは難しい相談でございますねー

 現在、お二方は同一の物理体を共有しておりますし 我々が引き離すと、何かと不自由が生じるかとー」「そうだよな……」俺はマーシーを頭に乗せて確認し合っている山口たちを眺める

あなたも好きかも:アステカ スロット 打ち 方
いつの間にか山口の背中には剣状態で鞘に収まったエパータムが括り付けられているのに気付く

いつの間に……と思いながらもみんなの最終確認をマーシーと眺めていると、操縦フロアの壁のない部分から三体の人型兵器が音もなく次々に入ってきた

「二階から飛んできたの?」「二階から外回りで飛んで来たんですよー」「そうすか……」当たり前だが三体とも守護天使そっくりである

あなたも好きかも:パチスロ ウーハー
体長は山口と同じく百八十ちょっと超えたくらいだ

三体は足音も出さずに山口、タズマエそしてミシカの背後にスッと周りこんで直立不動の姿勢のまま停まった

マーシーが俺の頭の上から「準備ができたようですねー」間延びした声で言ってきたので仲間たちにゆっくりと近寄る