スロット 上乗せ 最高記録

スロット 上乗せ 最高記録

「え……」 変に意識したアルビオはボッと赤くなる

「いや、えっと……そ、そうですね」 アドレナリンが効いて、汗が出てくる

 ヘレンの読み通り、女の子への免疫力があまりないアルビオにはこれだけでも効果が出た

あなたも好きかも:パチンコ 5倍ハマる確率
 その隙に、フィンにウインクして合図を送ると、唇に人差し指を添えて、「しぃー……」 アルビオに気付かれないように、黙っていてほしいと促すと、フィンは少し嫌そうな顔をしたが、「へっ!」 わかったとそっぽを向いた

「そ、そういえば僕が勘違いって?」「さあな!」 鈍感だと言いたげな表情でフィンは消えていった

「なんだったんだろ?」「さ、さあね」 危なかったぁ

うっかりしてたよ

あなたも好きかも:リトルパイレーツ パチスロ
 他の顕現(けんげん)していなかった精霊達も、今ので察してくれればいいけど……

あなたも好きかも:エバンゲリオン 新台
「じゃあアライスさんのところに行こうか」「あ、うん!」 疑うことなく、そう言ったアルビオに安堵すると、アライスのところへ向かった

「――おおっ! リリア殿! アルビオ君!」「今回はお世話になります、アライスさん」 アライス・ワヤリー氏

確か、カルディナさんのお父さんだったっけ? ヘレンは密着取材の際に、リリアの交友関係は調べてある

だからカルディナとリリアに関する関係も無論調べてある

「お久しぶりです、アライス様」「ああ

久しぶりだな、リリア殿

しかし、そう固くなくていい」 ヘレンは、こんな隊長格の人にもフランクだったのかなと、疑問を抱くが、アライスは照れ臭そうな態度で、「……前のようにおじ様で良いぞ」 変にその呼び方が心地良かっただけのようだ

「前に会ったことが?」「えっ!? あー……えっと……」 会ったことまでは知ってるけど、いつかまでは調べていなかったヘレンが言い澱む

「なに! 以前、娘が我が家に招待したことがあってな

その時だ」「あ、カルディナさんが?」「そうだ」 アライスが我先にと言ってくれて良かったと安堵する

 ヘレンはこうしてリリアのフリをしていると、演劇のように他人を演じ、舞台で披露するのとは違う技量が必要なのだと痛感する