mjチップ カジノ

mjチップ カジノ

平和はよいことです」「ん、んー? ならなんで、前はあんなに北へ戦争ふっかけてきたの?」「世界平和のためです」「世界平和のためなら、なんで童(わらわ)の邪魔したんだよー

あなたも好きかも:化物語 スロット 終了画面
こっちだって、世界平和のためにがんばってたのに!」「世界平和の形なんて人によって違うってことでしょうね

おそらく、最後の一人になるまで世界平和なんて実現しないものだったのでしょう

ふふっ、本当に無駄な戦争でしたね」「い、言っちゃう!? 当時のトップがそれを言っちゃう!?」「わたくしは正しいと思ったことをやっていただけであって、そこまで世界平和に対する熱はありませんでしたから……、北や南の国に対する未練は特にありませんね

どちらかと言えば……」 ノスフィーはヴィアイシアの城でなく、ロードを熱心に見つめる

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天 の 拳 3
そして、また下から覗き込むようにして、甘えた声で頼む

「ロード、わたくしのことを褒めてくれませんか?」 その要望は誰も予期せぬものだった

ロードは首をかしげて確認を取る

「褒める? 童(わらわ)がノスフィーを?」「ええ、貴女がいいのです

あなたも好きかも:スロット 5円 20円
貴女にこそ、あの戦いでのわたくしの頑張りを褒めて欲しいのです

そうすれば、わたくしは未練を果たすことができるやもしれません」 ライナーにねだったように未練を盾にしてお願いする

 守護者(ガーディアン)のルールを知っている以上、ロードはそれを断ることができない

「が、頑張ったねっ、ノスフィー

超強かったよー?」「…………」 ぎくしゃくとした賞賛をロードは口にして、それを笑顔でノスフィーは受け入れる

ノスフィーは何も言葉を返すことなく、少しの間、その賞賛を噛み締めていた

 ロードは自分の賞賛に自信がなかったのか、おろおろとしながら次の言葉を探していたが、先に言葉を見つけたのはノスフィーだった

「ロード、ありがとうございます

少しだけ浮かばれました