ザ・サンダラー

ザ・サンダラー

まったくチッキーは優秀だなぁ

「あれ、もう帰宅するんだ」「ミズキ様

お昼なので一旦帰るでち

あなたも好きかも:パチスロ バーチャファイター 色
ご飯たべて、それから狩りを再開するでち」「もおぅ、リーダ、一発も矢があたらないのよぉ」 帰り道に馬に乗ったミズキと出会った

ロンロが余計な事をいいやがった

「ふぅん」 特に興味も無いように、チッキーとロンロの話を聞いたかと思うと、手帳を取り出して何かの魔法を詠唱した

あなたも好きかも:ポイペト トロピカーナ ブラックジャック
それは魔法の矢だった

手加減をしたのだろうか、出現した3本の矢は、ほぼ真上に飛んだかと思うと、上を飛んでいた鳥に当たった

 タタッと、少しだけ馬をはしらせ、落ちてきた鳥を空中キャッチする

ミズキ様すごいでち」「かっこいいの」 チッキーとノアが馬に乗ったミズキの周りをクルクル回りながら賞賛の声をあげる

ミズキもまんざらではないようで笑顔だ

あなたも好きかも:着信 アリ パチンコ 攻略
確かにかっこいいと思うが、ちょっと悔しい

 それからミズキを加えて皆で帰る

 帰りしな「はい」と鳥を渡された

「わたし、鳥なんて捌いたことないし」「あたちも……兄ちゃん達なら出来るけど……」「リーダはできるの?」 オレも捌けないけれど、秘策がある

そうでなければ狩りなどしない

 今度はオレがかっこいいところを見せる番だ

「まぁね、オレも鳥を捌いたりはできないけれど、きちんと考えているさ」「そっか

じゃ、任せるね