スロット まどマギ 叛逆

スロット まどマギ 叛逆

私など一介のメッセンジャーに、事の善悪を判断しろというのは無茶な要求です」「――――というのは建前でして」「は?」「私に敵対した罪を償っていただきます、キリル神父」「なっ?」 ワキワキ、と私は両の掌を開閉させた

――――連帯感と多幸感をプレゼントしましょう

あなたも好きかも:長門 ぱちんこ
【王国暦126年5月11日 12:00】 私とサティンは、戦術指揮所の壁に設置されている、小さな箱の左右に陣取っていた

あなたも好きかも:アナザー パチンコ 評価
それぞれに鍵を持っており、箱の左右にある鍵穴に差し込んだ

「1、2、3」「1、2、3」 掛け声と共に鍵を回す

サティンも同時に鍵を回した

これは戦略兵器を運用する場合の安全確認手順で、『ホワイト・セプテンバー』のハリケーンミサイル発射シークエンスと同じ

 この『グレート・キングダム・オブ・グリテン』に設置されている『魔導砲』は、運用時に艦内迷宮一つ分の魔力を投入するため、艦の戦闘、運航能力に影響が出る

それで発射シークエンスの最初に二名以上の高級士官による確認があるというわけ

「『魔導砲』発射シークエンス開始」「『魔導砲』発射シークエンス、開始、アイ」 艦内の照明が非常灯に切り替わる

あなたも好きかも:黄門ちゃま パチンコ 保留 信頼度
 艦内迷宮の一つ、第三迷宮が生み出している魔力が『魔導砲』発射チャンバーへと送られ、魔力が加圧、濃縮される

一定の密度にまで達したら、艦を目標に対して正面に向けて回頭した後、一気に解放される

 高密度の魔力は解放時に元の密度に戻ろうとするので、そこで運動エネルギーが得られる

射程の一キロメトルに渡って、色々巻き込みながら直進する