マネーマッチ

マネーマッチ

「……うーん?」「あれ、少し気になるです?」「ああ、うん……なんだろう、単純に動きが悪い?」「確かにそうなのですね

あなたも好きかも:スロット ゾーン狙い
相手の動きは見えているはずなのですが」 そんな試合を見ている中、公也が気にかかったのは一人の獣人の戦闘風景

実力はある……身体能力は相手の獣人より高いかも、と思えるような、少なくとも相手の動きは見えているはずなのに、その攻撃を避けることができない……体がついてこないというか、体を上手く動かせていないような様子に見える、それが気にかかる公也である

妙なところを気に掛ける……と思うところだが、過去にある人物の妙な反応を気にかけ意識した結果、というものもあるので公也は自分のそういう相手の気にかかる点に関しては結構気にするほうである

別にその獣人に対し特別思うところがあるわけではないが、気になるものは気になる、気にかかるものは気にかかるという感じだ

「あ」「負けたのですね

何というか、攻撃も相手が既にいない場所を攻撃していたのです」「……精神的なものかな?」「それも何か違う気がするのですね」 仲間を攻撃したくないから……という考えの結果動きが悪いのかとも思ったが、そうではないように見える

というか単純に動きが悪い、合っていないように感じている

ともかくその獣人は負けた様子だ

あなたも好きかも:武蔵中原 スロット
「気になるのなら気にかけてみるのです?」「いや……流石にこの村の人間嫌い、人間不信の様子は見たし、俺から積極的に声をかけるようなことはしないよ」「なのですか

まあ、滞在日数もあまりそこまで……って感じなのですし、しかたないのですかね」 いくら気になるからと言っても、あまり一人の獣人に構ってはいられないし、そもそも相手がどう反応するかもわからないものだ

あなたも好きかも:ミリオンゴット スロット
それに公也もずっとここにいるわけでもなく、短期間でどうにか鍛えられるものでもない

そもそも公也がそういう獣人を鍛えるとかしてこの村の獣人たちがどう反応するかもわからない

あまり下手に関わらないほうがいいだろう、そう思っている……そう思っていた

 まあ、公也も他世界からきた異世界転移者