血界戦線 カジノ

血界戦線 カジノ

まさかそんなことはあるまいが、そのような痛ましさが、再会以来、彼女にはあった

「ユフィ……」「だいじょうぶ」 彼女は、静かにいった

甲板の外、ウルクナクト号とともに夜空を舞うように飛翔する数多の飛竜たちを見遣りながら、穏やかに

ラムレスの眷属であり、ラムレシアの眷属でもある飛竜たちは、ザルワーン島の戦い以来、休むことなく飛び続けている

そのことが多少なりとも不安を駆り立てたが、もしなんらかの問題があれば、竜王がなにかいってくれるだろうと信じるしかない「竜になれたんだ」 その一言は、本心ではあったのだろうが

「念願だった

あなたも好きかも:ラスベガス チップ
悲願だった

ずっと、なりたかった

なりたかったんだ」「ええ……そうよね

そうだったのよね」 ファリアは、彼女の独白を聞きながら、相槌を打つしかなかった

 それは、確かにユフィーリアの夢だった

彼女自身の口から何度も聞いた、夢

あなたも好きかも:ネッテラーカード
彼女はそれが実現不可能であると知りながら、叶えてみせると豪語していた

もちろん、人間は生涯人間でしかない

そんな圧倒的事実を前にしながらも、彼女は夢を追い続けた

 召喚武装を用いれば、擬似的に翼を生やし、竜の真似事をすることも可能かもしれない、と知れば、ファリアたちに武装召喚術の教授を願った

どれだけ時間がかかってでも武装召喚術を習得し、竜の翼を手に入れてみせると息巻いていたのだ