空の軌跡 sc evolution カジノ

空の軌跡 sc evolution カジノ

Bloggerの推奨事項:

  • ラビットワールド
  • 沖縄 ミリオン
  • 逆転 裁判 甘
  • パチスロ ラブ 嬢 ポイント
  • 花魁 岡山
  •  時間にして十秒ほど悩んだ考助は、ココロにとあるお願いをすることにした

    あなたも好きかも:花火 スロット ビック中 氷
    『それじゃあ、お願いなんだけれど、その人の名前とか聞いてもらえるかな?』 相変わらずココロにとっては意味不明な考助の言葉に、首を傾げつつココロは答えた

    『名前ですか? それでしたら、サラサという名前の女性ですが』 何度も顔を合わせるうちにちょっとした自己紹介も済ませていたため、ココロはすぐにその名前を教えた

     ついでに、そのときに聞いた情報も合わせて伝えることにした

    『ああ、そういえば、クラウンに勤めている奴隷だとおっしゃっていましたね』『・・・・・・んん? クラウンにいる奴隷でサラサ?』 どこかで聞いたことのある名前に、考助が戸惑いの声を上げた

     さらに続けて、ココロからは少し離れたところで何か話している声が聞こえてきた

    『あー、そっか、なるほどね』 納得したような考助の声に、向こう側の話の内容まではわからなかったココロが首を傾げた

    『サラサさんが、何かありましたか?』『うん、まあ、あったといえばあったんだけれどね

    さて、どうしようかな? うーん・・・・・・』 考助はそんなことを言いながら、再び悩むような唸り声を上げた

     傍にいるわけではないココロには、いま考助がどんな顔になっているのか、想像するしかない

     結局、また十秒ほど悩んだ考助だったが、ようやく決断したのかココロに話しかけてきた

    『ココロからサラサにひとつだけお願いしてほしいことがあるんだけれど、いいかな?』『お願い、ですか? どういった内容ですか?』 首を傾げながらココロがそう聞くと、考助が今までさんざん煮え切らない態度を取っていた理由を話し始めた

    あなたも好きかも:ギャンブル パチンコ 年齢
     そして、それを聞いたココロは、考助のこれまでの態度に大いに納得した

     考助たちにとっては今更という話なのだが、ごく普通一般人であるサラサにとっては、かなり重要なことになる

    『どうやって話をするかはココロに任せるよ

    ・・・・・・シルヴィアからの伝言で、これも修行の一環です、だって』 そんなことを言われてしまえば、ココロには断ることができない

     もちろんシルヴィアは、それをわかったうえで言っているのだ

    わかりました』 シルヴィアからの無言の圧力に、ココロは最初から拒否することなど考えずにそう返答するのであった

    一体どんな内容なんだ~