デザリング オンラインゲーム

デザリング オンラインゲーム

何より、最期の時、決して"呼んではいけない"と教え込んでいた、呼称で"娘"は自分の事を呼んでくれて、ジュリアン・ザヘトは、感謝し、ただ1つの希望を抱きながら、この世界と別れを告げていたはずだった

―――どうか、賢者に"人ではない"という烙印を捺された"娘エリファス"の最期が、自分のように幸せでありますように―――それだけだった筈なのに、こうしてジュリアンは"此方"に来てしまった

そして、エリファスがまたしても、賢者によって"人ではない"という烙印を捺されようとしている

《しかも、賢者があの"ネェツアーク"だもんなぁ》「ん、何か言ったかって、なんだあ?!」一角獣が、突如として嘶きをあげて、"急停止"する

あなたも好きかも:パチンコ 勤務
「にゃああああ!?」「―――またか!、どうなっているんだ?!」馬に跨がったライとディンファレが、関所に向かう別れ道の"渓流"の方向から突如として姿を現していた

一角獣は最初の嘶きの後は大人しく指示を待つようにその場に停まり、3匹の鎌鼬は当初の様にシュトの両肩と頭に登っている

あなたも好きかも:門前仲 町 パチンコ 日本 一
「な、何でいきなり?!」シュトが銃を片手に戸惑っている間に、ディンファレはまた手綱を見事に繰って、馬に嘶きをあげさせて"渓流"の方へ向かう道へと方向転換する

「ライ、お前はここに残って、その見習い執事に話しておけ、私はもう一度試す!」「了解、にゃ~」ディンファレが振り返りもせずに、そう言い残して曇天と大雨が降ったために見通しが若干悪い渓流の道へ、馬と共に姿を消して行った

「にゃ~、見習い執事のお兄ちゃんに事情を話そうと思うけど~、にゃんだか"そっち"も色んな物てんこ盛りでいるみたいだにゃ~」ライがいつもの明るい調子を放棄して少しばかり、ミステリアスに見える笑みを浮かべてシュトを馬上から見つめた

明るい調子を潜めてはいるが、今は"にゃ~"という日頃では気にならない語尾ににも軽く苛ついた少年は、早口に口を開く

「ええ、俺は関所に行って、ネェツアークさんと合流して、アルセン様探して、ロックさんにも合わないといけない

3つも用事を抱えているんです、それにその後も、リリィ嬢ちゃんの所に戻ってやりたいんですだからさっさと話してください―――って、こっちも"また"かよ!」シュトの視界に、紫の紙飛行機が入り込み、慣れたしぐさで一角獣の上から銃弾を放った

その瞬間に鎌鼬の3匹はシュトの鬣を掴む左手の方に移動していた

「だから、急いで―――え?」それからライの方を見たならば、同じ視線の高さで馬上にいた筈の黒髪の猫の様な女性はいない

「どこ、に?!」背中に気配を感じるた瞬間、シュトの首筋に、ライの鉤爪の刃先が触れていた

「―――落ち着きなさいな、"僕"

此方も急いでいるのは同じだから

そして、私は貴方が会いたい3人の居場所と、行き方を恐らく知っているのだから

あと、今やっつけた"気持ち悪い"存在の事を教えてくれるかしら、……にゃ~」ライが語尾に"にゃ~"という言葉を極力潜めて、魔術師の顔でライは少年に話を"持ち掛ける"