亜人 スロット 中段チェリー 恩恵

亜人 スロット 中段チェリー 恩恵

こういうときは絶対なんかあるんだ》 全てお見通し

そんな真剣な口調に優樹はか細い笑みを浮かべ、俯き膝を見つめた

「……ねえ流君?」《ん? なに?》「……ずっと、大事にしてるものって……ある?」 そっと問い掛けると、反町は訝しくなることもなく《大事に?》と繰り返した

あなたも好きかも:ウラジオストク カジノ ポーカー
そして、《優樹》と、考える間もなく即答され、優樹はキョトンとして頬を赤くする

「じ、じゃなくて……他に」《うーん……

強いて言うならクマジーかな》「……あ、そうか

あなたも好きかも:novaアフィリエイト カジノ
クマジーがいたね」 素直な返事に、優樹は少し笑みを溢した

「そっか……クマジーか

……そうだね

……クマジー、大事にしなくちゃね」《……、何、急に? ……何かあった?》 日常会話ではない話なんて滅多にない

あなたも好きかも:スロット ジョーズ 中段チェリー
それも、声に元気までない

 不安に感じて問う反町に、優樹は「……ううん」とか細い笑みを浮かべて首を振った

「なんだか……いろいろ懐かしく思えて来ちゃって」《……懐かしく?》「うん

……いろいろ

……いろいろあったなって……思って……」 呟くように答えていたその表情から、次第に笑みがなくなっていく――

 優樹は空いている左手で膝のスカートをギュッと握り締め、項垂れた