オール・フォー・ワン

オール・フォー・ワン

あなたも好きかも:パチンコ カイジ3 甘デジ
 苦笑のような笑みを浮かべ、ため息を吐くグラオ

その横で、壁に埋まっていたヨルムンガンドはその光景を見てグラオに訊ねる

『カオス殿

奴らは?』「どうやら、逃げたっぽいね」『逃げた? 戦う気があったように見えたが……』「ハハ

今までの戦い、全てはドラゴンの思惑通りって訳さ

全く、頭のキレる支配者だね」『なに……?』 グラオの言葉に、怪訝そうな表情をして返すヨルムンガンド

ヨルムンガンドから見た幻獣の国の者たちは確かに本気のように見えたからだ

あなたも好きかも:5.5号機 スロット ランキング
 対してグラオは、ヨルムンガンドに向けて逃げた事についての説明を行う

あなたも好きかも:パチンコ 佐野 優良店
「そうだね、相手の行動の意味を説明しよう

──先ず、リーダーである筈のドラゴンが僕に向かって君や僕の注意を引く

そしてドラゴンの部下達はドラゴンが命令せずとも、手助けに入るというのはドラゴン自身が理解していた事

それで君の注意は完全にそちらに向かう事となる

で、そのドラゴンと戦っているのは僕一人になるから……一瞬でも視界を奪えば逃げられるって訳さ

君の注意は幹部や側近に向いていたからね

不意を突けば仕掛けられる

どうやら向こうの部下達は知らなかったみたいだけどね

ま、誇りとか言っていたけど、逃げる事を優先したって訳

……ようするに、僕たちはとんだ茶番劇に付き合わされたって事さ

ドラゴンにも誇りはあると思うけど、自尊心よりも仲間を優先したんだね」 グラオの推測では、ドラゴンが始めからまともに相手をするつもりは無かったらしい