織田信奈の野望 スロット 終了画面

織田信奈の野望 スロット 終了画面

 再現できるだけのスキルが僕にはあった

 役者のように振舞う僕の姿に、『魔石人間(ジュエルクルス)』たちはラスティアラの姿を重ねて会話をしていく

「ふふっ、それはよかったです」「あれ? でも、まだお休み時間余ってません?」「今日はお休みだから……、私たちと遊んでくれるんですか?」「『ううん、ごめんね

遊ぶのは、また今度

あなたも好きかも:デビルサバイバー2 スロット フリーズ 平均
今日は、そこの彼と一緒に魔法の研究をしたいんだ

あなたも好きかも:ビール グラス プレゼント バカラ
カナミの友達だから、ここにいるのを許してあげてね』」 来訪の目的を手短に答えると、『魔石人間(ジュエルクルス)』たちは渋々と頷いていく

「始祖様のお友達? なら、仕方ありませんね」「はい! 《リプレイス・コネクション》の完成は、私たちの『夢』の一つですから! 決して、お邪魔はしません!」「早くお二人が本当の『異世界』に旅立てるように、お祈りしていますね!」 口答えすることは一切なかった

 ただ、代わりに『魔石人間(ジュエルクルス)』たちは祈り始める

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー スロット ウルドコア
「――真なるレヴァンの神々よ

憐れな我らに救いの光を――」「――私たちの『運命』を変えてくれた『始祖』様に――」「――この地に降り立って頂いた『現人神』様に

魂からの感謝を――」「『ん、ありがとありがと

それじゃあ、ちょっと向こうでカナミと魔法実験してるねー』」 その場で祈り始めた『魔石人間(ジュエルクルス)』たちを置いて、僕たちは部屋を壁伝いに歩いて、移動していく