ルーレット セオリー

ルーレット セオリー

 駄目だ

 これは――また折れる

 だが構わずに振りぬけば、やはり小太刀が触れた先から折れてしまい、金属の破片が二つ飛び散った――が、それを術式でか、シディが回収している

ぽとりと落ちた金属はともかくとして、私は中央付近で折れた小太刀を見た

 技、と呼ばれるようなものではないにせよ、確かになるほど、耐えられないとは、こういうことか

「うっわ……」「ん? ああ、ごめん、ぼうっとしてた

あなたも好きかも:another パチンコ 甘
はいガーネ、これ板

あなたも好きかも:吉宗 スロット 効果音
さすがに頑丈だね、半分も斬れなかった」「いえ……」 折れた小太刀と、鞘と、板をガーネに渡せば、やはり思案顔になった

あなたも好きかも:神激 パチンコ
作り手も大変なんだなあ、と思う

うん、そりゃ大変だよなあ

「いやいやいや! 折れた小太刀はともかく、ガー姉ちゃんの板に傷つけるとか、普通じゃないからね⁉」「……? そう言われても、よくわからないけど、私の知り合いならできると思うよ」「あいつら化け物じゃん! っていうか、えー……船頭さん本気? 大丈夫? これ、普通のレベルでの話をすると、独学で鍛えて老人になってから、ようやく見える先っていうか、そういうやつだよ?」「だから知らないってば、そんなのは」「どこまでなの? どうして鍛えてんの?」「んー? 雷龍と風龍が遊んだ時にね? 渦中にいたんだけど、何もできなかったわけ

んで、私は〝次〟に同じ状況に陥った時――私は、また何もできない、なんて間抜けは晒したくない

それだけよ?」「あー……七龍と対峙するレベルとか、ありえないし

私でも怖いし、あいつら

なんなのもー」 いや、だから知らんての

「船頭様」「あ、うん、なに、ガーネ」「二日ください」「……うん?」「二日で、二振り作ります

その間の私は集中しますので、おそらくまともな対応はできなくなりますが――完成させます」「あ、ああ、うん……よろしくお願いします?」「はい