スロット 初心者 台

スロット 初心者 台

 イリアスは彼らのサプライズに感動していたが、『俺』はその事情をとっくに知っていたのでカラ爺と互いにサムズアップしていた

「ヘイ、アルジサマ!オハヨーゴザイマス!」 主人の起床を待ち構えていたのか、扉を勢いよく開けて現れる角の生えた執事服の少年

声こそ聞き慣れているが、未だにこの姿には慣れていない

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー スロット クリスタル
 そう、こいつはクトウ

木刀に憑依させていた悪魔である

あなたも好きかも:蒼天の拳 パチンコ 歌手
民家と違い、お屋敷ともなれば住む者達での交代制の家事当番だけでは管理が追いつかない

なので執事やメイドを雇う流れになったのだが、赤の他人に『俺』の身の回りの世話をさせるくらいならと『紫』が名乗りを上げてきたのだ

 当然周りは猛反対

あなたも好きかも:パチンコ 1 万 円
長時間の論争の末、妥協案となったのがクトウを執事にすることだった

 ぱっと見では人型にしてもらえたように見えるが、木刀の中にクトウのコアがあることには変わりない

木刀から腕や手を生やす要領で人体を構築できるようになった感じだ

 なのでこうして元気な笑顔の少年の腰には、不釣り合いな木刀が携えられている

本人も移動の時不便だからと、長さを短くしたいと要望を出しているがそれはそれでこちらが困る

 何より困るのはクトウの容姿だ

容姿についてはクトウを弄る『紫』が独断で決定していたのだが、どことなく『紫』と誰かさんの面影があるのである

 外出する時は木刀の姿に戻すのだが、『紫』と出かける時はわざわざ随伴させるなど、中々に意識させようとしてくる

ミクスはそんな手があったかと感心していたが、なしよりのなしだからな?「おはよう、クトウ

時間はまだ余裕あるよな?」「ダイジョブデス!デモウルフェチャン、マタセテマス!」「そうか

ならさっさと支度するか……」「アルジサマ、アルイテタベルゴハン、ヨウイデキテマス!」「おう、サンキューな」 ただ容姿以外は本当に有能だ