スロット art 打ち方

スロット art 打ち方

冒険者たちはただ降りるだけではなく、ダンジョンを攻略すること自体を求められているのである

あなたも好きかも:はいふり スロット ハッピー
 故に、その日も風音たちは第七十五階層のマップ上の通っていない道や部屋を埋め続け、道中でマシンナーズソルジャーたちと遭遇して戦闘に入っていた

 その戦闘のさなかのこと

風音はマシンナーズソルジャーの中に高火力型手榴弾を所持しているタイプがいたのを見つけると、接近しての捕獲を試みたのである

「スキル・スパイダーウェブ!」 風音が放ったのは、捕縛用の蜘蛛の糸を出すスキルであった

それがマシンナーズソルジャーの身体を覆い、関節部を巻き込んでその動きを即座に止めていく

「よっし

あなたも好きかも:パチスロ サイバードラゴン
これで手榴弾を取れば」 だが、その様子を近くで見ていた弓花が、目を見開いて「無理よ」と叫ぶ

手榴弾がすでに起動しているのが見えたのだ

「風音、下がって」「もう、速すぎッ!?」 そしてマシンナーズソルジャーを巻き込んで、その場で高火力型手榴弾が爆発する

対して風音は『暴風の加護』に護られながら『空中跳び』で跳び下がった後、通路にすぐさま『スパイダーウェブ』でネットを張った

あなたも好きかも:パチンコ 今 熱い台
穴から外に投げ出されぬように安全策としてネットを張ったのだが、それが今回は裏目に出た

爆発に吹き飛ばされていたマシンナーズソルジャーの一体がネットに引っかかったのだ

「嘘、こっちも?」 風音の顔が驚きに染まる

そのマシンナーズソルジャーが腰に下げていた手榴弾も高火力型手榴弾だったのだ

それが『スパイダーウェブ』にかかった途端に起爆し、風音はその場で『マテリアルシールド』と『暴風の加護』を使ってガードをしたが、衝撃を殺しきれずに吹き飛ばされた

「マズッたぁ!?」 そのまま風音は全身を壁に打ち付けて血を吐きながら、目の前に開いている穴を睨みつける