まどか グリーフシード スロット

まどか グリーフシード スロット

「……十七、かあ……」 呟くような声に、洋一はチラ、と目を向けた

優樹はじっと足下を見つめている

――どこかしら、寂しそうに

 洋一は間を置いて深く息を吐くと、グイッと、優樹の肩を抱いて引き寄せた

「キャッ、な、なにっ?」 優樹は顔を赤くして体を硬直させると、ピッタリと寄り添う洋一を見上げた

「よ、洋ちゃんっ?」「よし! 家まで限定! ボクは今からあなたのシモベです! なんなりとお申し付けくださいオジョー様!」 真顔で告げる洋一のその声に、すれ違う人や通り過ぎる人が「!?」と振り返り、その怪しい視線に優樹は顔を真っ赤にした

「な、何言ってるの!」「抱っこですかオジョー様!」 抱えようと背中に腕を回す洋一に、優樹は慌てて彼から逃げて離れ、顔を赤くしたまま睨んだ

「洋ちゃん!?」「チューですかオジョー様ーっ!」 んーっ! と、唇を突き出して追い掛ける洋一に、優樹は「いやー!!」と走って逃げた

あなたも好きかも:スロット 機械割 2016
はあっ!?」「足が筋肉痛……」 翌日の朝――

 桜並木の待合場所で、いつものように二人肩を並べて登校だ

あなたも好きかも:マダオ の パチスロ
青葉のトンネルを潜り歩きながら、優樹は疲れ切った表情のため息混じりでスカートの上から太股を撫でた

「久し振りにあれだけ走った

あなたも好きかも:岡山 パチスロ イベント日
洋ちゃんったら、もう、ずっと追い掛けるんだもん……」 反町は目を据わらせるが、優樹は「そういえば」と思い出して話題を変えた

「昨日はどうだった? おば様の……わがままとかいうの」「ああ、まあ……いつものことだから

それより、洋一は家に上げなかったよな?」 真顔で話を元に戻され、優樹は「うん」と頷いた

「すぐ帰っちゃった

……家まで車じゃなかったの、すごく久し振りだった」「……あいつ……」 不愉快げに目を細めて呟かれ、優樹は「ん?」と首を傾げた

「なあに? どうかした?」「……