kaga create ビデオゲーム

kaga create ビデオゲーム

 身体の構造が性別や人種などで違うように、そもそも体内魔力の種類も似てはいるが、別モノなのである

 それを無理やり変えるのには、やはり代償が必要である

 最悪、魔力回路を弄るのは、魔法が使えなくなるまであるという

「――詳しいね」「まあ殿下と勉強してたら、まあね」 教育してくれた先生が雑談程度に話してくれたそう

あなたも好きかも:ブラックジャック ルナルナ
「つまりウィルクの場合、その回路を無理やり肉体型っぽい使い方をしたせいで、魔法の発動が困難になったってこと?」「そうらしいね

治癒魔法の習得も本来より数倍時間をかけたとか聞いてるよ」 そりゃあ説明書にない使い方をすれば、エラーも起こすって訳ね

 それを聞いたシドニエ達は、落ち込んだ表情で沈黙する

「で、でも精神型でも最低限の近接戦闘、肉体強化は出来るんだし、それにもしかしたら目覚めていない何かがあるかも……」 その様子を見たアルビオはあたふたしながら、ちょっと適当なフォローをした

「目覚めていない何かって……」「アルビオさん……」「いや、実際そういう人もいるらしいよ

肉体型なのに魔法が使える人、精神型なのに肉体型と同じくらいの戦闘ができる人」 俺はアルビオの戦闘を思い出す

「……それ自分じゃない?」「ま、まあそうなんだけど、そうじゃなくて……」「そもそもアルビオさんは肉体型? 精神型?」 その質問にアルビオはどう言えばいいかわからず、頭を悩ます

あなたも好きかも:スロット 激 アツ
「えっと、殿下達に言われたのが、アンノウンだって話です」「不明……」「はい

あなたも好きかも:実機 スロット 電気代
どちらでもあって、どちらでもない

そんな曖昧な感じだそうで……」 ユニファーニが自分の髪をわしわしさせる

「ああーーっ!! 難しい話は止めよう! とにかく、シドには近接戦は無理ってことだよね?」「まあそうですね

お力になれず申し訳ない」「い、いえ! タナカさんが謝ることじゃありません

僕が無茶なことを言っているのが悪いんです」 シドニエのこの諦めきれないような表情を見るに、色々試してはいるのだろう